アメリカ美術史家

1500    
1600    
1700    
1800    
1850    
1860

バーナード・ベレンソン(1865-1959)
Bernard Berenson
『鑑定の基礎』1902年
科学的な鑑定方法を確立。
考古学が科学的な専門学科として成長した背景。
『ベレンソン自叙伝―肖像画のスケッチ』

Bernard Berenson
1870    
1880    
1890 ハル・フォスター(1892-)
Hal Foster プリンストン大学
『反美学―ポストモダンの諸相』
『視覚論』
Hal Foster
1900 マイヤー・シャピロ(1904-1996 )
Meyer Schapiro リトアニア生まれ。アメリカへ移住。
『様式』※ゴンブリッチとの共著、
『セザンヌ』『ゴッホ』、 『モダン・アート』など、アメリカ現代美術を最初に評価。
フランドルの祭壇画を精神分析の手法で分析
人類学的な美術史家で、美術の社会史的研究を発展。
Meyer Shapiro
ハロルド・ローゼンバーグ(1906-1978 )
Harold Rosenberg
『アートニューズ』誌でアクションペインティングを命名
Harold Rosenberg
クレメント・グリーンバーグ(1909-1994)
Clement Greenberg ニューヨーク、ブロンクス生まれ。
抽象表現主義の画家たちとの交流をとおし、独特のモダニズム絵画論を構築。
『芸術と文化』
Clement Greenberg
1910    
1920    
1930 リンダ ノックリン(1931-)
Linda Nochlin ニューヨーク、ブルックリン生まれ。
『絵画の政治学』
美術史にジェンダーの視点をもたらす
Linda Nochlin
スヴェトラーナ・アルパース(1936-)
Svetlana Alpers バークレイ大学 Berkeley Universityの美術史教授で、 17 世紀のオランダ美術のスペシャリスト
『描写の芸術―一七世紀のオランダ絵画』
Linda Nochlin
マイケル・フリード(1937-)
Michael Fried
モダニズムを擁護
Michael Fried
ブルース・コール(1938- )
Bruce Cole  カリフォルニア大学教授 中世・ルネサンス研究
『ルネサンスの芸術家工房』
Bruce Cole
1940 ポール・バロルスキー(1941〜)
Paul Barolsky ミドルベリー大学を卒業後、ハーバード大学で博士号を取得。1969年からヴァージニア大学に奉職。現在、美術史学教授。イタリア・ルネサンスの専門家
『とめどなく笑う―イタリア・ルネサンス美術における機知と滑稽』
『芸術神ミケランジェロ―鼻の神話と隠された自伝』
『庭園の牧神―ミケランジェロとイタリア・ルネサンスの詩的起源』
Paul Barolsky
ティエリード・デューヴ(1944-)
Thierry De Duve
ベルギーのシントトリュイデン生まれ。ブリュッセルおよびアメリカ在住。欧米を舞台に活躍している現代の代表的な美術史家。ブリュッセルのルーヴェン大学で哲学、心理学を修め、パリの社会科学高等研究学院の博士課程でルイ・マランに師事し博士の学位を取得。ブリュッセルでジャン・ギローとともにグラフィック研究学院を創立し教授となり、その後、欧米各地の大学の学部ならびに大学院において、特別招聘教授として芸術史、現代絵画、美学等の講義をおこなう。また欧米各地の美術館等において、「マルセル・デュシャン展」、「キネティック・アート展」など数々の特別美術展の企画責任者として活躍。美術や芸術の国際学会の主宰をはじめ学会活動もめざましく、多くの論文、評論等がある
『マルセル・デュシャン―絵画唯名論をめぐって 』
『芸術の名において―デュシャン以後のカント/デュシャンによるカント』
Thierry De Duve
トマス・クロウ(1948- )
Thomas Crow 美術史家 ゲッティ・センター ディレクター
Thomas Crow
ノーマン ブライソン(1949-)
Norman Bryson 英国生まれ。ケンブリッジ大学、カリフォルニア大学、ロンドン大学で英米文学と美術史を専攻。
『美術とジェンダー』
記号論、文学批評など。
Michael Fried
 

W.J.T. ミッチェル(不明)
W.J.T. Mitchell シカゴ大教授 HOMEPAGE

『イコノロジー―イメージ・テクスト・イデオロギー』
『物語について』

Mitchell
  ジョナサン・クレーリー(不明)
Jonathan Crary コロンビア大学教授
『知覚の宙吊り―注意、スペクタクル、近代文化』
 
1950 イヴ=アラン・ボア(1952-)
Yve‐Alain Bois ハーヴァード大学教授(近代美術史)。マチス、ピカソから戦後アメリカ美術、特にミニマル・アートにいたる20世紀美術について幅広く研究

『マチスとピカソ』
Yve‐Alain Bois

(C) 2002-2004 Ars Sketch

 

inserted by FC2 system