イギリス美術史家

1500    
1600    
1700    
1800    
1850    
1860 ロジャー・フライ(1866-1934)
Roger Fry
『セザンヌ論』などポスト印象派の紹介、ほかフォーマリズム批評家
ロジャー・フライ
1870    
1880 クライヴ・ベル(1881-1964)
Clive Bell
『アート』1914 フォーマリズムの理論書
クライヴ・ベル
1890 ハーバード・リード(1893-1968)
Herbert Edward Read
『芸術と疎外―社会における芸術家の役割』
ハーバード・リード
1900 ニコラウス・ペブスナー(1902-1983)
Nikolaus Pevsner ドイツ生まれで、のちにイギリスに亡命
『英国美術の英国性』
Nikolaus Pevsner
ケネス・クラーク(1903-1983)
Kenneth M.Clark
『芸術と文明』1969
『絵画の見方』
『風景画論』
『ザ・ヌード』
『ヒューマニズムの芸術』
ピエーロ・デッラ・フランチェスカを近代的な形式主義者として扱う。
ケネス・クラーク
フランシス・D・クリンジェンダー(1907-1955)
Klingender, Francis D 歴史家
 
1910 ローレンス ゴウイング (1918-1991)
Lawrence Gowing 画家・美術史家
『ルーヴル美術館の絵画』
Lawrence Gowing
1920

ジョン・バージャー(1926-)
John Berger ロンドン生れ。美術批評家、脚本家、小説家、ドキュメンタリー作家。美術教師などを経て著述業に入る。「G」で1972年BOOK PRIZE受賞
『見るということ 』
『イメージ Ways of Seeing―視覚とメディア』
『アルブレヒト・デューラー―水彩と素描 』

John Berger
ジョセフ リクワート(1926-)
Joseph Rykwert ワルシャワ(ポーランド)生まれ。1939年イギリスに移住。
『アダムの家―建築の原型とその展開』

Joseph Rykwert
フランシス・ハスケル(1928-2000)
Francis Haskell  美術史家 イタリアのパトロン制度などの研究
Francis Haskell
1930 グリゼルダ・ポロック (不明)
Griselda Pollock
『視線と差異―フェミニズムで読む美術史』
 
ピーター・バーク (1937-)
Peter Burke 歴史家、英・ケンブリッジ大学名誉教授。イマニュエルカレッジの名誉校友(フェロー)。オックスフォード大学卒業後、同大学聖アントニーカレッジで研究、博士論文執筆中にサセックス大学に招聘される。同大学で16年間の教員勤務の後、ケンブリッジ大学に移り、文化史講座教授を長く担任。
New Cultural History を提唱し、「文化史」概念を刷新。ヨーロッパ史家、文化史家として世界的に著名な歴史家。
『イタリア・ルネサンスの文化と社会』
『知識の社会史―知と情報はいかにして商品化したか』
時代の目撃者―資料としての視覚イメージを利用した歴史研究
ピーター・バーク
1940 スティーヴン・バン(1942-)
Stephen Bann
マンチェスター生まれ。ブリストル大学教授。 カンタベリー・ケント大学教授、同大学現代文化研究所所長でもあった。

怪物の黙示録―『フランケンシュタイン』を読む
Stephen Bann
ティモシー.J.クラーク (1943-)
Timothy J. Clark
ティモシー.J.クラーク
1960 タイモン・スクリーチ (1961-)
Timon Screech 英国バーミンガム生まれ。
1985年、オックスフォード卒業。1991年ハーヴァード大学博士課程修了。現在ロンドン大学アジア・アフリカ研究学院(SOAS)助教授、日本美術史。国際交流基金スカラー、朝日フェローを受けて日本留学。「ニュー・アート・ヒストリー」の方法論と光学・機械・身体論という視点の新しさによって江戸文化論に新しい局面を開こうとしている。
『江戸の大普請 徳川都市計画の詩学 』
『春画―片手で読む江戸の絵 』
『大江戸異人従来』
『大江戸視覚革命―十八世紀日本の西洋科学と民衆文化 』
『トレンド英語日本図解』
『江戸の思考空間 』
『江戸の英吉利熱―ロンドン橋とロンドン時計 』
Timon Screech


(C) 2002-2004 Ars Sketch

inserted by FC2 system